test_youtube_embed


小沢健二 featuring スチャダラパー - 今夜はブギー・バック(nice vocal)

<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/I0hDOnrOLgk?start=68" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

川と駒場

 

駒場には川が流れていました。

 

おそらく初めて聞いた方はびっくりされるでしょう。

この川は、今も流れています。

 

一部は駒場商店街近くの暗渠として。

そして一部はキャンパス内に。

 

坂下門を入ると左手にちょろちょろと流れる小川がありますが、これです。

 

www.ut-life.net

www.ut-life.net

 

ここに書いてあるので、興味がある方はご覧になってみると面白いかもしれません。

 

 

駒場と"川"といえば、駒場池(一二郎池)も昔の川の名残だったという話も聞いたことがあるかもしれません。

 

キャンパス内において、昔の川の名残が"池"という形で残っているのは、"現在では"、駒場池のみです。

 

そう、現在では。

 

過去には実はもう一か所あったのではないか…ということをいま考えています。

 

坂下門付近を流れている川は、明治30年の駒場の地図によれば、当時は銀杏並木より北のほう(現在の野球場の近く)を水源としていたようです。

 

そして、1970年代の駒場の住宅地図を見ると、野球場の西に池のようなものが確認できます。(今はおそらく存在していません。地図上でしか確認していませんが。)

 

上の二つのことを考えると、この池も川の名残だったんじゃないだろうかと推測されます。

 

で、おそらくこのことはまだネット上で調べている人がいないんじゃなかろうかと思います。(ちょっと検索をかけただけですが。)まだ確証を得たわけではありませんが、ちょっと誇らしげな気分です。

 

 

短いですが、今回は以上です。ご覧くださってありがとうございました。

再開

タイトルを「久しぶりの更新」としようとしたんですが、まあいつも久しぶりの更新なのであれだなって思って、このタイトルに。

 

再開します。駒場のお勉強を。

 

先週くらいまで長期間、それどころではないほどに忙しくてなかなか進まず、ここまで来たという感じで。でも、その忙しさも一区切りついたので、そろそろお勉強を再開しようかというところです。

 

あと、そのお勉強の成果のアウトプットとして執筆する駒場の記事ですが、別の場所で書くかもしれない機会を得ました。本当にありがたいことです。

 

有識者の方にむしろもっと教えていただきたいくらいの知識量しかないですが、いずれにせよ、とにかくありがたいことです。勉強してまいります。

 

記事が出る際は、はこちらで告知します。

 

短いですがこれで終わりです。はい。

駒場の土地についての雑記

試験が終わったので久しぶりにそれなりの文字量の記事を更新します。

 

今回興味をもって調べてみようと思っているテーマは、現在東京大学駒場Ⅰキャンパスが立地している土地がどのように利用されてきたか、です。あまりに大きなテーマな気がしますが、長い時間をかけて取り組めればいいなと考えています。(飽き性なので続くかはわかりませんが。)

 

まず、駒場Ⅰキャンパスの土地がどのような歴史を歩んできたのか、明治期から概略を見てみましょう。東京大学農学部のウェブサイト「東大農学部の歴史」(

東大農学部の歴史 - トップページ

)を参考に簡単に記すと、駒場Ⅰキャンパスの土地を占めた機関は、農学校→駒場農学校→東京農林学校→帝国大学農科大学→東京帝国大学農学部第一高等学校東京大学教養学部、と変遷しています。大まかにいえば第一高等学校東京帝国大学農学部との敷地交換が行われる以前と以後でだいぶ毛色が変わっているようです。交換以前は東京大学農学部の前身たる農学系の教育機関が立地し、交換以後は第一高等学校とその流れを汲む東京大学教養学部が立地しています。

 

このように長い歴史を持つ土地ですが、まず着目するテーマとして、今後しばらくは、東京大学教養学部発足以降の建物の変遷について書いていきたいと思っています。もっとも、東京大学教養学部発足時には第一高等学校時代の建物も相当数残存していると思われるので、第一高等学校にも触れることになりそうです。

 

今後書くことになりそうなトピックとしては、駒場寮に関すること、駒場図書館の変遷、「101号館」「102号館」などの名称について、体育館の変遷、情報教育棟について、学生会館とキャンパスプラザについて、一二浪池周辺の建物について、などを考えています。駒場寮取り壊しとそれに関連する問題は学部と学生側が裁判で争った経緯がありますが、今回の記事ではあくまで建物の変遷をメインに扱っていこうと考えています。

 

なお、駒場には駒場Ⅱキャンパスというキャンパスも存在しますが、調べる情報量が膨大になってしまうので、これについては当面はあまり触れない方針でいきたいと思います。

 

また、情報源をしっかりと示すのがベストですが、学術論文ではなくブログですので情報源の示し方が疎かになることも予想されます。同様に、情報の正確性には注意を払っていきますが、一部正確でない場合がありうることもことわっておきます。まあブログですのでね。

試験が終わったら

駒場の建物について調べてまとめてみたい。とくに駒場寮の変遷とか旧2号館とかについて書けたらいいなと思っています。とりあえずは試験を乗り切らねば。